補聴器は薬事法の規制・・

ほちょうきとは音の増幅器のこと
聴覚障害者の聞き取りを補助したり、難聴による聴こえの問題を解決することを目的としています。
概形は小型で、形容は耳かけ型など多種多様ですが、主構造は入力、増幅、出力、電源の4つの部分から構成されます。

増幅は音を単純に拡大するだけでなく、音の感度、ダイナミックレンジ、周波数分解能、時間分解能、方向性といった要素を考慮しながら増幅を行います。
また必要に応じて 不要な雑音をカットし、聴こえやすさを追求しています。補聴器もまた他のIT機器同様、アナログからデジタルへと移行が進み、現在はデジタル補聴器がほぼ主流となりました。

デジタル補聴器の利点は、調整が非常に容易で、即時に行うことができるという点ですが、デジタル制御により高度で複雑な処理も可能となり、最近の補聴器の飛躍的な性能向上に貢献しています。

補聴器は、日本国内では薬事法において管理医療機器(クラスU)に指定され、法的な規制を受けます。
また薬事法の規制を受けないものは補聴器とは異なり、集音器などに分類されます。

補聴器の使用にあたっては、個人の聴力や使用状況にあわせた調整(フィッティング)が必要で、取り扱い店舗、専門店または医療機関で調節する必要があります。
posted by 補聴器 at 00:33 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。